グーグルマッピィ
Google Maps API 利用方法を基本を中心に情報提供しています

Google Maps APIとは

Google Maps API

Google Mapsを自分のサイトやWebアプリケーションとして利用できるようにGoogle社が提供しているのがGoolge Maps APIです。

これまで「Google Maps API Standard Plan(無償版)」と「Google Maps APIs Premium Plan(有償版)」に分かれていたものが、2018年7月16日から「Google Maps Platform」という新しいサービスに統合されました。Google Maps Platformを利用するには、まずGoogle Cloudへ登録する必要があります。

外部リンクGoogle Cloud Platform   <   登録

Google Cloudへ登録後、API Keyを取得することで「Maps JavaScript API・Geocoding API・Directions APIなど」が利用可能となります。

グーグルマッピィではAPIを利用したスクリプトのサンプルを交え解説しています。利用方法の基礎を中心に情報を提供しています。JavaScript API バージョン 2 は、Google の廃止ポリシーにより正式に廃止となりました。

Google Maps APIでできること

Google Maps APIを使うと任意の座標(経度・緯度情報や住所情報)の地図を表示させることが簡単にでき、目印としてマーカー(カスタマイズの可能)を地図上に表示させたり指定の線を地図上に描くことができます。またデータベースなどを利用して地図情報アプリケーションを作成することもできます。

※リクエスト制限あり(課金設定で制限解除もでき、細かな設定が可能です。)
APIは、従来のパソコン用ブラウザ アプリケーションとしてだけでなく、携帯端末でも快適に動作するように設計されています。

廃版のバージョン2[V2]とバージョン3[V3]の違い

Google Maps JavaScript API V3 からXMLファイルの読み込み関数とXMLパーサーのライブラリーがなくなりました。バージョン2の、GDownloadUrl関数 や GXml.parse などです。データベースからマーカーを立てたい場合などはjQueryを利用しJSONファイル等を読み込み処理します。

v3ではgoogle.maps名前空間の導入されました。
v2まではグローバル空間にGMap2、GMarker、GPolyLineがライブラリーとして配置されていましたが、v3からはそれぞれgoogle.maps.Map、google.maps.Marker、google.maps.Polylineに変わりました。それによりいくつかメソッドやプロパティも変更されています。
[v2]GMarker.getLatLng() → [v3]Marker.getPosition():マーカーの緯度、経度を取得

v3ではGBrowserIsCompatible()、GUnload()が利用できません。

StreetViewのサポート(v3)
google.maps.MapクラスがStreetViewをサポートしているため、Mapクラスの初期化する時にオプションでstreetViewControl: trueを指定することで簡単にStreetViewが使用できるようになりました。

ページトップ